若手の成長が超嬉しかった話

会社の運営を任されてる立場にいると、たまに”若手の成長がめちゃくちゃ嬉しい瞬間”があります。今日はそんな日でした。

 

掃除に対して、かなりうるさい部類に入る私。店舗内の掃除等についてはルールを決め、全員で衛生環境に努めることを日々求めております。そんな私ですが、社内に一箇所だけ強制的に清掃を求めない場所があります。

 

それはどこかって?そう!トイレなんです。

 

意外に思われました?普通じゃんって思われました?まぁ私の考えなどどうでもいいことなんですが、トイレについてだけは「掃除をしなさい」とは言ったことがありません。

 

私は会社で一番立場的に上になる人間になるわけですが(偉いとかではありません。あくまでも仕事の組織上の上ってことです)その私が言うことは全てが命令?になっちゃうわけです。

 

私もトイレを使うわけですから、少なからず汚してしまいます。その「自分の汚れ」を社員に掃除してって言うこと自体おかしな事だと思っておりますので、私の口からトイレ掃除をしなさいとは口が裂けても言えないわけです。命令になっちゃうし。(自分で汚したものは自分で拭きなさいとは指導します)だからトイレ掃除は私の仕事と勝手に決めて、毎日トイレに入るたびに色々なところを少しつず掃除してます。(人生経験豊富な50代の女性”お母さんお姉様世代”が男性トイレまで掃除してくださる時もあり、その時は心から感謝し、お礼の言葉を述べさせて頂いております。)

 

事務所で作業をしていると、隣にあるトイレからめちゃくちゃ一生懸命掃除する音が聞こえてきました。あ〜またお姉様が掃除してくれてる。手が離せないから後でお礼を言わなきゃ!って思っておりました。

 

その後お姉様を探しましたが姿が見えず。あれ?と思いながら嫁さんにトイレ掃除を誰がしてくれてたのか聞いてみたら、

 

嫁「美幸さんが掃除して良いですか?って聞いてきたのでお願いしました」

 

私「え?え?ちょっと待って、今なんて言った?え?自分から?」

 

嫁「はい。今ちょこっと手が空いたので掃除してきて良いですか?って聞いてきたので、宜しくお願いします!とお願いをしました」

 

私「なぁ〜にぃ〜」(超絶嬉しいクールポコ状態)

 

防犯カメラがちょうどある場所なので、その後確認すると男性トイレまでしっかりと掃除してくれてるじゃありませんか!

 

若い子が自発的に、それも直接関係のない男性トイレまで掃除してくれたことが、めっっっちゃくちゃ嬉しくて、思わずサーロインあげちゃいました笑

もちろん他の若手にも日々成長が見られますが、これぞ若手の人間的成長!!うちの会社が成長して行くためには、このような個人の成長があってこそなのです!

 

今後、若手がしてくれるトイレ掃除には「サーロイン感謝の言葉」を差し上げることになりますが、この第一歩目を踏み出す”行動”こそ称賛に値するものだと私は思っております。

 

いつも事あるごとに「全てにおいて他人事(ひとごと)ではなく自分事」を繰り返し唱えておりますが、仕事というものは”人の為”にという心が無いと味気ないものになってしまいます。トイレ掃除一つとってみても「誰かが掃除する」ではなく「自分から進んで掃除する」という”人の為に”の気持ちがあるか無いかで、今後の人生において大きく差がつくものではないでしょうか。

 

若手社員がこのような一歩を踏み出しやすい環境作りこそが、私に求められる責務であり、その一歩一歩の行動の積み重ねが会社の成長及びチカラになると感じた出来事でした。

 

美幸さん、本当にありがとう😄

コメント