上高原らしさ その2

 

以前上高原らしさについて書きました。

 

私、決して潔癖症ではないのですが、

「掃除」に異常なまでの情熱を注いでしまうところがあります(笑)

 

先代である親がもともと店舗の掃除には情熱を注ぐタイプだったので、

血統といってしまばそれまでの話なのですが、

明らかに親以上になってきてる今日この頃。

 

 

昔は親がデッキブラシで売り場のタイルをゴシゴシこすってるのを見て

大変そうだな〜面倒くさそうだな〜って、正直思ってました。

親がいなくなったらどうしよう〜・・・やりたくな〜い!!ってね。

 

でも自分の考えで店舗改装をし、親と同じ立場になってみると、

せっかく綺麗に改装した売り場のタイルが汚れていくのが許せなくなるんですよね(笑)

 

でも、デッキブラシでゴシゴシやるのは味気ない。

おまけにそこまで綺麗にならないわけです。

 

もちろん最初は、中性洗剤&デッキブラシから始めました。

(う〜ん・・・落ちねーな)

次はマジックリン&タイル用ブラシ。

(落ちるけど超きつ〜い!!)

 

そもそも「効率」とか「機械」とか「時短」とか、そんな言葉が大好きな私。

 

アレを試し、コレを試し、掃除機械の会社に電話かけまくり、

いろいろな機種をレンタルで試した結果、

高圧洗浄機&パワークリーナ−(マジックリンの10倍の威力!!!)

現時点ではコレが最強です。

 

動画にもあるんですが、ここまで落ちると気持ちいいんですよね。

本当はきつくてやりたくない仕事ほど、あの手この手で効率を求めていくと

「面白いこと」に変化することに気づくんですよね。

完全に「遊びの域」ってヤツです。

 

自分も楽しめたうえに、お客様にも気持ち良く買い物してもらえて

一石二鳥で良いこと尽くし。

 

上高原らしさってひょっとしたら「超前向きなめんどくさがり」が

要因なのかもしれません。

 

コメント